本当は怖い!鉄分補給の落とし穴・過剰摂取について

鉄分は不足すると体に様々な悪影響を及ぼし、あからさまに体調不良を感じるようになります。
ですが、不足しているだけではなく、鉄分というのは過剰摂取しても良くないものなのです。

 

普段の食事だけで鉄分を摂取しようと試みている人はまずそこまで過剰摂取になってしまう心配はありません。
むしろ、食品だけで鉄分補給を行うとなると調理方法などによって十分にその食品に含まれているはずの鉄分を摂取できないケースもあり、不足が改善できない場合もあるくらいです。

 

つまり、食事以外の摂取方法・・簡単に言えばサプリメントで鉄分補給を行っている人が主に過剰摂取に気をつけなければならないと言えます。

 

鉄分の1日の上限摂取量は男性が50mg、女性が40mgとされているのですが、それを超える量の摂取を毎日続けていると、様々な影響が出てきます。

 

まず挙げられるのが、胃が荒れてしまうことによって起こる吐き気や嘔吐、そして腸が炎症を起こしてしまうなどの症状です。

 

腸の炎症もやはり下痢や嘔吐・吐き気などの症状が出てくるようになります。

 

総じて胃腸障害というこの鉄分の過剰摂取の症状は、普段の生活にも大きく影響してきますし、仕事や学校へ行けない、そもそも朝ベッドから起き上がれないなど症状がかなり重たくなるケースもありますので、注意しなければなりません。

 

最悪な場合ショック状態に陥り、そのまま死亡するケースもありますから、サプリメントで摂取する場合には、貧血がひどいからたくさん摂取するなどとは考えずに、決められた用量を守って摂取するようにしてください。

 

また、気をつけなければならないのは子供が鉄分のサプリメントを摂取する場合です。

本当は怖い!鉄分補給の落とし穴・過剰摂取について

子供と大人では摂取量が違うわけですから、当然上限摂取量にも違いが出てきます。
それを大人と同じ量で摂取してしまえば、過剰摂取の症状が出ることになります。
子供の場合には、鉄分補給のしすぎで死に至ったケースというのが大人より断然に多いので、必ず保護者が管理し、与えるようにしなければなりません。

 

最悪の場合死に至るケースもあることから鉄分は不足しても過剰摂取してもいけない、ちょうど良い摂取量をきっちり守ること必要な成分なのです。